【全国商工会珠算検定】


 全国商工会珠算検定は、「商工会法」によって設立されている法人の全国商工会連合会と都道府県商工会連合会が主催し、全国の商工会地区でいっせいに行われます。
1級から8級までの合格者には、全国商工珠算連盟名誉会長の経済産業大臣と全国商工会連合会会長との連名の合格証書(9級、10級は全国商工会連合会会長と都道府県商工会連合会会長との連名の合格証書)が授与される、権威ある検定制度です。
受験資格: 学歴、年齢、国籍に制限はありません。
試験方法: 毎年4回、全国の市町村商工会地区に設置する試験場でいっせいに行われます。
試験日 : 毎年2月、6月、9月、11月の年4回
申込期間 試験日の2ヶ月前から約1ヶ月間

試験種目: 1~8級は、かけ算・わり算・みとり算。9・10級はかけ算・みとり算。
各級の合格基準は、1~6級が300点満点、7~9・10級が200点満点で、1~3級は240点、4~6級は210点、7~9級は120点、10級60点以上が合格。
1級満点合格者は月刊「Shokokai」でご紹介します。
受験料 : 1級 2,100円、2級 1,570円、3級 1,360円、4、5、6級 各940円、7、8、9・10級 各730円
※全て消費税込みの金額です。
申込場所: 大野城市商工会まで受験申込書を楷書で記入のうえ、提出して下さい。
なお1級受験者は、最近1ヶ年以内に撮影した写真(上半身像・縦4.5cm、横3.5cm)を申込書に貼付して下さい。

【販売士検定(日本商工会議所と共催)】


販売士検定
「流通業界で唯一の公的資格」で、業種・業態に関わらず、小売・流通業の成り立ちや店舗運営、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングまで、販売のあらゆるノウハウを習得できるビジネス直結型の試験です。
5年ごとに資格を更新する制度を設けていることから、講習会等の受講によって知識のブラッシュアップを図ることもできます。

●各級のレベル
1級 小売業経営に関する高度の専門的な知識を身につけ、経営計画を立案し、総合的な管理業務を遂行できる。
2級 小売業について、主として販売に関する専門的な知識を身につけ、ある程度の管理業務を遂行し、かつ部下を指導することができる。
3級 小売店舗運営の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身に付けている。

>詳細は販売士検定Webサイトをご覧ください。